我が家のグッズの飾り方~ウォールシェルフ編~

こんばんは、キラです!
今回のグッズの飾り方シリーズはウォールシェルフ編です。

ん?ウォールシェルフとは何ぞや?

って思った方、安心してください。
私も今日この単語を知りました。

ウォールシェルフとは?

簡単に言うと壁に取り付ける棚のことです。

言葉で説明するよりも、実際に見ていただいた方が早いと思うので写真を載せますと、
前回の記事で、デスク周りのフィギュアを紹介したときにもありました、
壁にくっついているこれです。

デスク上のフィギュア

いっぱいフィギュアとか飾りたい、でも机の上のスペースは限られる…!
と、なっていたときに偶然百均で発見、以後重宝しております。。。

使用方法

取り付けはこれ、めーっちゃ簡単なんです!
ウォールシェルフ(壁棚)
台の支えの部分を押しピン(画鋲)でとめるだけ!

また、このように部屋の角のところに設置するものもあります。
ウォールシェルフ(壁棚)

台座の下はこんな感じ!
ウォールシェルフ(壁棚)

飾り方

※私が使用しているものを例に説明しているため、
すべてのウォールシェルフに当てはまるわけではありません。

ウォールシェルフ(壁棚)
台の上にはフィギュアなどの置物を、
ついでに支えの押しピンのところにはキーホルダー類を掛けています。一石二鳥!

ただしもちろん、キーホルダーの重量が重かったり、台に乗せるものが重すぎたりすると
押しピンが壁から外れて落っこちちゃうので注意が必要です。

ちなみに私は、推しのCDのジャケットのイラストが好きすぎて
フィギュア+CDを台に飾っていたらさすがに落っこちました。

重量対策として、このようなロングピンで取り付けるのも手かもしれませんね。

ウォールシェルフの種類

私が使用しているのは、一年前百均(SeriaCando)で購入したものです。

台座をそのままインテリアとしたい、
部屋のデザインや雰囲気と合わせたいという方は、こんなものもあります。

今使ってるものよりも頑丈そう……これならCDも飾れるかな……。

ボックスタイプ

これは推しを崇拝するときに使えそう(小並感)

ワイヤータイプ

お部屋のデザインだけでなく、
飾るグッズに合わせて棚の種類を変えてもいいかもしれませんね。

以上、ウォールシェルフ(壁棚)による壁にグッズを飾る方法でした!

もしお役に立てましたら、SNSでシェアやコメントをいただけるとうれしいです!

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA